INSPIRATION Lab.

カテゴリ:idea( 3 )

TIME FROM THE BIRTH

f0196962_11254989.jpg 誕生からの時間 
f0196962_112744.jpg

 自分の生まれからの時間を表してくれるサイトは一までもあったかと思うけど、このサイトはその時間って言うのは、どのような時間なのかを見事に翻訳してくれている。一つの時間をいろいろな視点で複眼的にとらえることで新たな世界を見せてくれることに成功しているとてもお気に入りのアイディアです。

時間という概念はとてもおもしろく、しかしとらえることがなかなかできないものだし、有効にこの時間という特性を利用することも忘れがちだ。このサイトは坂本龍一RYUICHI SAKAMOTO(教授)のtwitterで教えてもらった。

たとえば年齢を「52歳になった」というと、老化?という固定概念にとらわれがちだが、僕が生まれてから太陽系が銀河系の中を移動した距離は362,371,680,000km(約3600億km)とか言われるとすごい距離を宇宙船地球号で旅をしているのですね。という感じになる。宇宙船地球号の速度は、秒速29.8kmだそうです!


More>>>Photos
[PR]
by toshiya_kubo | 2009-11-19 11:17 | idea

THEATER BAR

f0196962_1533924.jpgシアター・バー

この写真は、'02年に撮ったモノだと思う。どこで撮ったか?ミニシアターの看板だったか?しかし、今でもこのイメージだけは記憶に残っていた。ショートフィルムシアターや、シアターバーの構想はこの一枚の写真から来ている。データを整理していて見つけた画像だが、これこれ!と思いブログにアップした。実際この場所はあるのか?合成なのか?しかしイメージの持つ力はものすごく、ここに行って見たい。こういうのを作りたい。そう僕に思わせた写真なのだ。実際にはこの灯りでは映画が見にくい気もするが、ペアシートと二人が使えるちょっとしたテーブル。これだけあれば映画を楽しく見れそうだ。映画館での新しい楽しみ方として是非、閉鎖しそうな映画館で、もう一度夢を見させてほしい。
[PR]
by toshiya_kubo | 2008-10-11 15:42 | idea

JAPANESE LANGUAGE and PHYSICS

f0196962_1323769.jpgf0196962_3203273.jpg日本語と物理学

ドクター五十嵐との話。彼との話からのインスピレーション。物理学でノーベル賞を3人、化学賞も受賞した。彼曰く、「日本語の思考は深い。」彼の話は面白かった。

「日本語の持つ思考の深さは、他の言語を圧倒している。」これは、英語や韓国のハングルなどより、その言語の持つ深みや、表現の多面性があると言うことだと感じた。そして「人は言語で思考してる。」と言い、「言語の深み(ニュアンスや多義性)を含んだ曖昧さは、もともと思考に備わっている」というようにおっしゃった。これには目から鱗だった。

日本語の持つ多義性や曖昧さは、欠点のように思っていたが、もしかすると優れているのかも知れない。物理の世界と日本語による思考がこれほど近づいたのは驚きであり、発見だ。今後、研究に値すると同時に、日本人であるコトへの自信が深まった。

日本語の深い思考性と物理学などに必要な多面的な思考が関係しているとすれが、同じようにアートの領域にも相当な影響をあたえているかもしれない。

他の言語では思考しにくい領域を、この複雑が故の日本語ではどんどん開拓していっている。tomatoの人々が日本の文化を非常に勉強していて、なおかつ評価や尊敬を持っているのもその辺に気づいているのかもしれないと思った。



tomatoJohn Warwickerの浮世絵の話や日本の文化へのリスペクトも未知の領域やある意味その真理を感じているからなのかもしれない。ブライアン・イーノの開発した 「OBLIQUE STRATEGIES」というカードは、易などにも通じる偶然現れた事象の自分視点の解釈ともいえる創造手段だ。人知を超えたところに迫ろうとするアプローチ。

日本語の曖昧さ、主語の無い概念。ともすると無責任なことに繋がりそうな言葉も、真理を探求するのには近道なのか?とふと思った夜だった。

[PR]
by toshiya_kubo | 2008-10-10 03:25 | idea