INSPIRATION Lab.

カテゴリ:art( 6 )

NIHON BUYO(JAPANESE DANCE)

日本の踊り 

嘉門 衛信。日本舞踊家花柳徳兵衛の内弟子。大衆に語りかける舞踊を信念に日本の踊りを多くに人たちに広めています。衛信先生にはいろいろのことを教わっています。特に「芸術の大衆化」ということについてです。 表現であるからには多くの人に見てもらわなければならないという考え方は大変共感できるものです。大衆に迎合するのではなく、大衆の心をきちんと捕まえていくその姿勢には本当に頭が下がります。先生の踊りの会には大勢の人が詰めかけ皆楽しかったと笑顔で帰るのです。日本舞踊を閉じた世界にしたくないと、洋舞やロックのアーティストなどともコラボレーションします。日本のみならず世界各国で、公演を行い、日本という文化芸術を広めています。生身の人間が繰り広げるパフォーマンス。体温の感じる芸術だとつくづく思います。
f0196962_1581534.jpg


More>>>
[PR]
by toshiya_kubo | 2009-11-15 02:18 | art

DRAWING EZO by GEMMA ANDERSON

ジェマ・アンダソン 

北アイルランドのベルファーストから来たジェマの作品展示が本日から始まった。

ジェマ・アンダソン Gemma Anderson (Northern Ireland)
日程:12月5日 (金) - 12月18日(木)
オープニングレセプション : 12月5日 (金) 19:00 - 21:00
 
f0196962_3383563.jpg


>>>More
[PR]
by toshiya_kubo | 2008-12-06 03:43 | art

R E E L T Y

リアリティーちゃん 

f0196962_3254642.jpg2002年。マックス・コアルーム・プロジェクトの誕生秘話として語ろう。最強のプロジェクトチームが、島田xアラキのチームについた。

このキャラクターはWilson Tangの手によるもの。WEBのエンジンはエジンバラ大学の工学博士サム・ジョセフ。WEBデザインはユナイテッドデザインの下桐くん。

このキャラクターは現実と虚構の間に住むリアリティーというキャラクター。映画は現実と虚構のインタフェース。そこにWEBを加えた構想がマックスコアルームのアイディアだった。

「場所にはストーリーがある。(The Place has a story)」はこのキャラの作者ウイルソンが提案した言葉。

画像は、"Reelity-faith"と"Reelity-dream"。 

     

>>>More
[PR]
by toshiya_kubo | 2008-12-05 03:39 | art

MOON RABBIT

月見ウサギ 

f0196962_331883.jpg吉住 弘之 作のウサギシリーズ。


この写真は彼との初コラボレーション。


自らが発光するウサギを作ったと聞き、
暗闇で見せてもらった。


写真に撮ると不思議な光方に見える。
正に月明かりを見上げるウサギである。


彼の作るウサギは、昔から女性です。
とある円山の店には何体ものウサギがいて、
夜な夜な出没する親父達の戯言を聞いている。


地上に降り立ったウサギは時折、空を見上げ、
ふるさとの月に郷愁を感じているようだ。


粉末状夜光塗料剤を使用しているとのことだが、
特殊なモノになると5時間近くは光っているようだ。


太陽光にさらし、
真っ暗なところにこのようなオブジェが立っていたら
ちょっと怖いかも?
等身大だったりしたら、まるで幽霊のような光方だ。


>>>More
[PR]
by toshiya_kubo | 2008-11-24 03:11 | art

GLASS PYRAMID (Moerenuma Park)

ガラスのピラミッド

札幌が世界にほこるモエレ沼公園。その中にシンボル的に立っているのがこのガラスのピラミッドだ。スティールで構造をつくりガラスで表面を作っている。ガラスには色が付いているので色々選んだ末、緑がかったガラスを2000枚も使用しているらしい。一枚のガラスの重さも150キロ〜200キロあるそうだ。
f0196962_1847267.jpg


>>>More
[PR]
by toshiya_kubo | 2008-11-23 19:15 | art

AMERICAN FOLK ART


アメリカン・フォーク・アート


筑紫哲也さんも大好きだったと聞いているアメリカン・フォーク・アート。15年以上も前になるが、友人の安藤さんが昔アトランタに住んでいて、南部で見つけたフォーク・アートと呼ばれている黒人のアート作品に夢中になっていた。当時、その分野は自分自身は聞いたことが無く、非常に関心を持ったことを覚えている。その後、LAにある「House of Blues」というライブハウスにも行ったときに、このフォークアートが随所に飾られていること知る。板やブリキに描くフォークアートは素朴で、ブルーズ・アートといっても良いかも知れない。黒人だけでなく白人も書いているけど、特に黒人のモノはそう感じる。
この写真は「アトランタの案山子、アラバマのワニ」(文:安西水丸、写真:小平尚典)のモノ。

f0196962_13224458.jpg


>>> More
[PR]
by toshiya_kubo | 2008-11-09 13:41 | art