INSPIRATION Lab.

カテゴリ:city( 15 )

SUNSET in LA

f0196962_095621.jpg
カリフォルニアの夕日 

西海岸には特別なあこがれがあった。青春にほろ苦い幻想にも似ていて、しかし、この夕日はまさにその時に思い描いていたロサンゼルスそのものの空気感であり光だ。見事なまでに西海岸なのだ。カリフォルニア・インデペンデント・フィルム・フェスティバルの審査員を行った後、LAにきて泊まったホテルはベニスビーチサイドのプチホテル。シーサイドのホテルでとてもこじんまりとしていたが快適なホテル。なんといってもロケーションが抜群。この写真はベニスビーチにあるスケートボードが出来る場所での一場面。意味をバックにスケボー男子のシルエット。LAならではないでしょうか? 


More>>>Photos
[PR]
by toshiya_kubo | 2011-02-01 18:00 | city

CITY of CLERMONT-FERAND

f0196962_11484268.jpg

クレルモンフェランの街 

クレルモンフェラン国際短編映画祭に今年も参加した。この写真はホテルの窓からの眺め。フランスの古都であるクレルモンフェランはこじんまりとしたかわいらしい街。映画祭の参加者は15万人。(驚き!) 街に中心には大きな大聖堂(Clermont Cathedral)があり、街のランドマークになっている。またトラムが走っており中心部には車では入れない。しかし、とても快適な作り。ポートランドも同じ印象だったが、トラムはとても便利だと感じた。旅行者にも優しく、ちょっとした移動も楽ちん。街の建物のラインがそろっているのも都市計画のたまものなのか?また何百年も継続する街のデザインは、時間を超える豊かな想像力を感じる。これは教育からくることなのか自然と身についた当たり前の文化なのか?ヨーロッパでいつも感じることだ。

More>>>photos
[PR]
by toshiya_kubo | 2010-02-11 13:25 | city

THE MORNING GLOW

f0196962_23424198.jpg

都会の朝焼け 

東京へ出張。大寒だというのに17℃も気温があった。1月22日の朝。なぜか朝は病む目が覚め、ふと窓を見るときれいな朝焼けだった。前日はICCのアドバイザーたちと銀座で懇親を深めた。今は亡き鈴木しゅんじさんを偲んで飲んだくれた。あの世でもしゅんじさんは酒をのんで、このような朝焼けまで飲んでいたのだろう。都会の朝焼けは、ビルと空の間のラインがきれいだ。神宮前はこの時間、誰もいないゴルフ練習場の明かりと夜明けのコントラストが面白い。

More
[PR]
by toshiya_kubo | 2010-01-22 06:25 | city

Rain Night in New York 

f0196962_16321168.jpg

雨のニューヨーク 

2007年の春の写真。初めてのニューヨーク。いつものごとくここでも雨。初めての街では、だいたい雨の洗礼をうける。この街には夜や雨が似合う。この写真は車の中から撮影したもの。LUMIXはなかなか夜の写真に強い。それにしても豪雨だ。この写真をみてもはやり、この街で映画が撮りたくなる。そんな物語を想像してしまう街なのだ。

More>>>Photos
[PR]
by toshiya_kubo | 2009-11-15 16:36 | city

TIMES SQUERE

f0196962_2311680.jpg

タイムズ・スクエア 

はやりNYCは何かが違う。2年ほど前の旅行の写真だが、いまでもあの都会っぷりは世界最高峰だろう。東京も何か違う、あの雰囲気はニューヨーク以外の何者でもない。まるで映画のセットのようで「ブレード・ランナー」を思い出したりする。都会独特の人との関わりもなんだか無力的だ。映画「タクシードライバー」であこがれていた街。TOM SCOOTのサックスがいかにも似合っていた。いつかここで映画を撮ってみたい。

More>>>
[PR]
by toshiya_kubo | 2009-11-15 02:45 | city

TOKYO 2009

f0196962_217085.jpg

東京街景 


東京、都会の街景。北海道と東京の行き来は大変刺激的。札幌では雪降る季節に東京はまだあつかったぁ。都会には魅力的な人も集まる。ただ小さく固まっている。街には大変電力を使うビルが新しく建ち並ぶ。最近、このお金はどのように賄われているのだろうか?と、疑問をもつようになった。うまくお金が回っていた時代。本当のことを知った結果、貧しく戦いにおわれるようになる。映画「マトリックス」を時々思い出す。

といいつつも、この都会には人のぬくもりもある。次回、東京人景をお楽しみに!

 


More>>>
[PR]
by toshiya_kubo | 2009-11-02 21:11 | city

MY MEETING ROOM

f0196962_031754.jpg

私のミーティングルーム 
 
札幌市内の喫茶店。企画を書いたり、打ち合わせをしたりするお気に入りの場所。
「サッポロ珈琲館」
ここの珈琲がおいしいのはもちろんだが、この場所は妙に頭が冴えるというか、気分が良い場所なのだ。
気分が乗るという事はアイディアを練るにはとても重要である。
午前中はサンドイッチなどつまみながら朝の光と落ち着いたBGMの中で珈琲の香りが相まって頭の中にゆっくりとアイディアの渦が巻いてくる感覚がある。夜はぐっと落ち着いて、今後のビジョンなどをクリエーターと語らったりできる。最近とくに喫煙者には厳しい喫茶店だが、ここにはちゃんと喫煙席もある。

アイディアの友達は、やはり珈琲とタバコかのかな?


[PR]
by toshiya_kubo | 2009-03-27 00:10 | city

MY HOME TOWN ”OTARU” (2009)

我が生まれ故郷「小樽」 
f0196962_22214788.jpg

このいかにも寒そうな風景は私の生まれ故郷小樽の海です。しかも真冬の吹雪の中。過酷です。(・_・;)

昔は、北のウオール街とまで言われた金融やメディアなどが集まる北海道最大の街だったのですが、いつしかその機能は札幌に移り、小樽は時代から取り残された格好に成りました。僕も生まれて3歳のとき、昭和35年(1960年)頃、札幌の宮の森に移り住んできました。小学校2年(1963~4年頃でしょうか?)karaha
東京の板橋区へ。

しばらく離れていた街でしたが、坂野上から見える風景や港の風景、海の色などは、心象風景として記憶の遺伝子という形でずーっと心に焼き付いていました。

この写真は小樽の祝津。日本海側の厳しい風景です。(札幌からは車(高速)で40分くらいかな?)


More>>>つづく
[PR]
by toshiya_kubo | 2009-02-22 16:00 | city

THE SNOW IN PARIS

パリの朝は雪だった 
f0196962_404763.jpg

クレルモンフェランへ行く途中に宿泊したリヨン駅の側のホテル。翌朝起きるとほんのり雪が積もっていた。パリの風景の中での雪はまるで映画のようだった。 
[PR]
by toshiya_kubo | 2009-02-02 08:00 | city

IMAGE OF BEIJING−1

北京のイメージ1

北京の印象に、光がある。照明の使い方がとても不思議な感じだ。一言で言うなら暗い。電力不足が関係しているのだろうか?今レストランの洗面所も南野も不思議な雰囲気を醸し出している。写真や映画は光の芸術といわれているので、この光自体が中国のイメージを作る要素なのかも知れない。
f0196962_1511859.jpg


>>>More
[PR]
by toshiya_kubo | 2008-12-01 01:46 | city