INSPIRATION Lab.

<   2008年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

FEEL OF Baijin

北京の感想

11月26日〜29日まで北京に行っていた。初めての中国、そしてアジア大陸には初情陸。ミッションは映画祭のプロモーション。中国と情報や人材、また作品のエクスチェンジ、作品制作のコラボレーションなど。今回は、北京フィルムアカデミーと、中影集団映画数字制作基地に行った。もう一つは、ICCアワードの受賞の副賞でBAKU君が、「798芸術地区」で、ライブペインティングを行った。

印象としてはあまりにも色々あって一回では言い表せないが、思った以上に刺激的だった。空気は見事に乾燥しており、葉の音は「カラカラ」と鳴っていたし、落ち葉はかりかりと音を立てていた。全体的にはビルなども大型の作りのわりには、光が少なく、街の照明や、店のあかりも暗い。それが独特の雰囲気を醸し出していると同時に、電力不足も物語っているのか?

働く人は、ハングリーで若い人間も積極的な印象だった。「798」に来てた若者達は一同にして売り込みの精神に溢れていた。

中華料理などの食事が大変に旨い。また、しかも安い。従業員のきびきびした動きが印象的だった。
f0196962_027712.jpg

[PR]
by toshiya_kubo | 2008-11-30 00:27 | diary

COLOR & SNOW

紅葉に雪

このシーズン、札幌では紅葉と雪が一緒にやってくる。雪の上の銀杏の葉。オンコの赤い実+銀杏の黄色い葉、そして白い雪。人は何に感動するのだろう?と時々思う・・・。
f0196962_13443519.jpg


>>>More
[PR]
by toshiya_kubo | 2008-11-24 13:50 | nature

MOON RABBIT

月見ウサギ 

f0196962_331883.jpg吉住 弘之 作のウサギシリーズ。


この写真は彼との初コラボレーション。


自らが発光するウサギを作ったと聞き、
暗闇で見せてもらった。


写真に撮ると不思議な光方に見える。
正に月明かりを見上げるウサギである。


彼の作るウサギは、昔から女性です。
とある円山の店には何体ものウサギがいて、
夜な夜な出没する親父達の戯言を聞いている。


地上に降り立ったウサギは時折、空を見上げ、
ふるさとの月に郷愁を感じているようだ。


粉末状夜光塗料剤を使用しているとのことだが、
特殊なモノになると5時間近くは光っているようだ。


太陽光にさらし、
真っ暗なところにこのようなオブジェが立っていたら
ちょっと怖いかも?
等身大だったりしたら、まるで幽霊のような光方だ。


>>>More
[PR]
by toshiya_kubo | 2008-11-24 03:11 | art

NISHIOKA PARK

西岡公園(水源地)

札幌の隠れざる名所。自分は初めて訪ねた。住宅地の向かいにある入り口から100メートルもし無いところで撮影したもの。リスやアカゲラ、水鳥など野生生物も沢山生息している。夏には蛍も見られるようだ。おまけに、心霊スポットとしても有名のよう。
f0196962_19312353.jpg


>>>More
[PR]
by toshiya_kubo | 2008-11-23 19:34 | nature

GLASS PYRAMID (Moerenuma Park)

ガラスのピラミッド

札幌が世界にほこるモエレ沼公園。その中にシンボル的に立っているのがこのガラスのピラミッドだ。スティールで構造をつくりガラスで表面を作っている。ガラスには色が付いているので色々選んだ末、緑がかったガラスを2000枚も使用しているらしい。一枚のガラスの重さも150キロ〜200キロあるそうだ。
f0196962_1847267.jpg


>>>More
[PR]
by toshiya_kubo | 2008-11-23 19:15 | art

MINAMIMACHI STREET BAND

南町ストリートバンド 

時は1989年頃だと思われる。全農札幌支社の地下室で撮影されたバンド練習の風景。バンマスの水野龍太郎氏がテープを発掘。昨日、自宅のTVで再生したものを写真に撮影。サイドギター:八高氏、ベース:伊庭氏、ドラムス:水野氏、リードギター:久保俊哉。なんとも恥ずかしい。(^_^;)
f0196962_20264810.jpg

[PR]
by toshiya_kubo | 2008-11-22 20:36 | tIme-trip

HARD WINTER

"きびしい冬”

今年の冬の長期予想ではない。札幌のBAR「PROOF」のオリジナルカクテルの名前だ。お客様が言ったテーマのカクテルをリクエストし、それに答えるべくマスターはオリジナルのカクテルを創作する。このカクテルは、ある美人のお客様が「霜柱」というテーマで注文したときに思案して作ったものだそうだ。作り方も聞いたが・・・
f0196962_3392597.jpg


>>>More
[PR]
by toshiya_kubo | 2008-11-22 03:50 | food

ROWAN TREE

ナナカマドの木 

ついに冬到来。ナナカマドの赤い実の上に白い雪帽子。これが札幌の冬を告げる自然のデザイン。赤と白がとてもカワイイ。北海道らしいシンプルな美しさがある。何となく冬に咲く花(梅のよう)にも見える。一方、道路はツルツルに凍っている。高速道路も37台もの玉突き衝突が起こっていたようだ。北海道の冬は美しさと厳しさの両面を持っている。
f0196962_23442328.jpg

[PR]
by toshiya_kubo | 2008-11-20 23:44 | nature

MOON  CIRCLE

月の輪 

空気中の水蒸気がこのような輪をみせてくれるのか?結構長い間満月の空にパカーンと存在していた。思わず写真に撮ったのでした。秋の夜空が満月で明るくなっていました。
f0196962_2334248.jpg

[PR]
by toshiya_kubo | 2008-11-14 02:42 | nature

FIRE of  HIRE(BLOWFISH FIN) SAKE

ひれ酒の炎

本物のひれ酒を飲んだことがあるか?と、言いたいくらいに旨いひれ酒がある。この炎の立ち上っているのがひれ酒。日本が誇る酒文化。どうだこの炎。と自称ファイアー・アーティストは火を見るとおだって(北海道弁)しまうのです。

で、このひれ酒が旨いの何のって。僕の行きつけのお寿司屋さん「帆掛鮨」のひれ酒なのだが、もちろんそのうまさの秘訣は鰭(ひれ)にある。鰭のうまさというよりはその仕事にうまさがある。ひれ酒はご存じのようにふぐの鰭を炙って熱燗を注ぎ、蓋をしてちょいと待ち、立ち上るアルコールに火を付けてから飲む。というものだが、この「帆掛鮨」の鰭はちょっと違う。企業秘密かも知れないが、あまりにも旨いのでしゃべっちゃいます。
 >>>下段から続く
f0196962_247330.jpg


More>>>続きはこちら
[PR]
by toshiya_kubo | 2008-11-12 02:59 | food