INSPIRATION Lab.

タグ:映画祭 ( 5 ) タグの人気記事

BLANK

f0196962_20383243.jpg

空白の半年間 

 なんと、このブログ、半年もあけてしまいました。このブランクはほとんど第4回札幌国際短編映画祭(SAPPOROショートフェスト2009)で忙しかった結果です。毎日、3時、4時まで起きて仕事をするとおかしくなります。今の景気を考えるとほとんどの中小企業は同じ状況で金策に走っていると想像できます。情報を作ることと発信すること。これらは表裏一体です。発信するだけのネタが無いと意味がないし、発信しなければ誰も知らない。力の入れ方はどこにつけたらよいのだろう?

この半年間、いろいろなことを考えた。企画がほとんど通らなくなった。こちらの事情とあちらの事情。連戦連敗だった。しかし、映画祭継続のために、多くのフィルムメーカーの作品を見せていくために、楽しみに待ってくれている映画祭ファンのために、必死でがんばった。その結果の空白なのだ。

5月の連休もなく、あっという間に過ぎ去った夏。紅葉かと思えば映画祭は終わり、雪が降ってきた。
すでに、来年の企画を立ち上げなければならない時期だ。

[PR]
by toshiya_kubo | 2009-11-02 20:50 | diary

STAR in SUSUKINO

f0196962_2151925.jpg

スターと監督 in ススキノ 

Marc McClure(マーク・マクルーア)(中央)とSimon Ellis(サイモン・エリス)(左)がススキノに出没!この日は第4回札幌国際短編映画祭も終わり、すっかりリラックスした2007年のフィルムメーカー部門グランプリ監督とハリウッドのスターの一場面だ。 なにやらススキノのお姉様たちとの一瞬のコミュニケーションが臨場感あっておもしろい。この日は「BRITS BEAT CLUB(ブリッツビートクラブ)」で英国ロックを堪能しました。マークさんは、ビートルズを題材としたコメディ『抱きしめたい(I Want to Hold Your Hand)』<ロバート・ゼメキス監督>にも出演しており、自分でもバンドを組んだりしていたようです。しかも、彼の作曲した曲はもう最高!はっきり言ってハリウッドの俳優は何でもできちゃうのです。パワフルでホット!そんなあったかい人だった。サイモンも最高に優秀でチャーミングな監督。彼は札幌で映画を撮りたがっています。現在プロジェクトを構想中!
[PR]
by toshiya_kubo | 2009-10-20 02:37 | diary

SSF2009 JURY MEMBERS

f0196962_2585782.jpg

SSF2009審査員 

第4回札幌国際短編映画祭(SAPPOROショートフェスト2009)の国際審査員メンバーの写真。(左から、ベルリン映画祭からMaike Mia Hohneマイケ・ミア・ヘーネさん、日本代表してIshii Sogo 石井 聰亙監督、札幌を代表してバイオリニストのMayumi Ohira大平まゆみさん、ハリウッドの俳優Marc McClureマーク・マクルーアさん、韓国を代表する本格派女優Moon So-riムン・ソリさん)。この日は日中にもプレ審査をおこなった。場所は円山にある「SACURA MOON(さくらむーん)」。毎回恒例となったランチミーティングだが、すでに白熱した議論が繰り広げられていた。やはり映画を愛するものたちが一同に会するとそのパワーはものすごいものがある。しかし、いちど議論がおわり集合写真は和気藹々と楽しそうであった! 
[PR]
by toshiya_kubo | 2009-10-16 13:30 | people

NIGHT of CLERMONT−FERRAND 



映画祭と音楽


札幌国際短編映画祭(SAPPOROショートフェスト)と協力関係にある世界最大の短編映画祭である「クレルモンフェラン国際短編映画祭」に毎年訪れているが、この年は街中で夜になるとスポンサーとしている会社がそれぞれ招待のパーティーを行っている。会場ではバンドのパフォーマンスがとてもすてきだった。
[PR]
by toshiya_kubo | 2008-02-09 20:32 | EVENT

BEST FRIENDS in NYC

f0196962_364961.jpgローラとベク Lola & Bek

ニューヨークの親友。ローラとベク。彼らとは2005年にパームスプリングス国際短編映画祭で出逢った。その後、第1回札幌国際短編映画祭(SAPPOROショートフェスト2006)にもノミネート。彼らが監督したアニメーション作品「BIBI」は、当映画祭で最優秀チルドレンショートを受賞した。可愛らしい女の子BIBIのいらずらな行動をカラフルな絵像で表現。ノンダイアログなので小さな子供でもちゃんと理解出来る。そんなすてきな映画を作ったふたりなのだ。

ウズベキスタン出身のふたりは、アジアの血なのだろうか?出逢ったときからとっても親近感がわいて直ぐに仲良くなった。そして札幌でも映画祭に二人で来てく再会。札幌の仲間達ともすっかり仲良しになった。ウズベキスタンの食べ物はどんなモノが美味しいのかわからないが、とにかく北海道の食べ物には感激してくれた。

この写真は2007年にNYに行ったときのモノ。NYでも、一緒にトライベッカ国際映画祭にも一緒にいったり、JAZZを聞きに行ったり、MOMAで行った「鉄コン筋クリート」のプレミア試写にも一緒に行った。さらにNYツアーなども手配してくれたりと、とっても親切にしてくれた。おかげで、はじめていったこの街でも安心して過ごすことができた。ホントに気の優しいすばらしいカップルだ。彼らの作品をまた日本で見てもらえるように是非したいと思っているし、日本でもNYでもまた会いたい。

[PR]
by toshiya_kubo | 2007-04-23 22:54 | people