INSPIRATION Lab.

タグ:映画 ( 11 ) タグの人気記事

BARRY MORROW writer of "RAIN MAN"

f0196962_2123974.jpg

「レインマン」のオスカー脚本家 バリー・モロー氏 
ダスティン・ホフマンとトム・クルーズ主演し1982年にアカデミー作品賞・脚本賞受賞した映画「レインマン」の原作・脚本が、このバリー・モローさん。そして、その奥様のバレリーさん。カリフォルニア・インデペンデント・フィルム・フェスティバル2009の時に出会いました。アワードレセプションを終え、みんな泊まっているホテルに戻ってきてロビーでどんちゃん騒ぎをしている所です。この映画祭は本当にフレンドリー。この時が縁で、2010年のSAPPOROショートフェストの国際審査員を務めてくれることに! 奥様を同行しての来札となります。
それにしてもバレリーさん。若くてとてもきれいな方です。女優さんかと聞いたらそうではないといっておりましたが、あまりにもきれいでした。おしどり夫婦とは彼らのことをいうのでしょう。とっても仲が良くて周りにいる人も幸せな気分になります。

そして、彼らのなんとも愛に満ちあふれている人柄は、生涯を通じて障がいを持つ人々の権利擁護活動を行っていることからも証明されている。すばらしい方! (次ページのプロフィール参照)


More>>>Photos
[PR]
by toshiya_kubo | 2010-09-04 02:47 | people

MARK HAMILL

f0196962_2314540.jpg

マーク・ハミル + エイジ・シマダ 

2004年のカリフォルニア・インデペンデント・フィルム・フェスティバルの写真。マーク・ハミルはご存じ「スター・ウオーズ」のルーク・スカイウォーカー役として有名な俳優。このときはCIFFの招待作品「Comic Book The Movie」の監督として参加していた。隣に写っているのは札幌在住のショートフィルム監督「島田英二」。島田監督もこの映画祭のコンペティション参加監督だ。マーク・ハミルとはEA時代に一度LAで会っている。EAのゲーム「ウイング・コマンダー "Wing Commander III: Heart of the Tiger"」の中で主人公として登場。そのときのパーティーでお会いしていたので、声をかけさせてもらったら気軽に写真なども撮らせてもらった。島田監督はスター・ウォーズのファンだったようで大喜びだった。
[PR]
by toshiya_kubo | 2010-01-18 02:48 | people

NIKKI SIXX

f0196962_2134957.jpg

"ニッキー・シックス” モトリー・クルー

モトリー・クルーのリーダーでベイシスとのニッキー・シックス。2004年の11月に行われたカリフォルニア・インデペンデント・フィルムフェスティバルでの一コマ。ヘロイン中毒で生死をさまよい。反逆児とまで呼ばれた不良ぶりはなく、きわめて紳士だった。彼との接点はもちろん個人的には無いが、「ドクターフィールグッド」は大好きな曲だったし、EA(Electronic Arts)時代のピンボールゲーム「クルーボール」などを手がけたことなどは思い出深い。
[PR]
by toshiya_kubo | 2010-01-18 02:27 | people

REUNION

f0196962_142269.jpg

再会 

 小日向文世さん。今や知らない人はいないほどの人気俳優。オンシアター自由劇場の俳優だったころ「上海バンスキング」にも出演する傍ら、私の母の経営する赤坂の店で働いてくれていた。そのころといえば25年以上も前。実はTVでは一方的に知っていても彼の方は何せ久しぶりである。しかし、昔ながらの笑顔で一緒に再会を記念した写真を撮ってくれた。母にもこの写真を見せてあげよう。
[PR]
by toshiya_kubo | 2009-09-18 15:48 | people

R E E L T Y

リアリティーちゃん 

f0196962_3254642.jpg2002年。マックス・コアルーム・プロジェクトの誕生秘話として語ろう。最強のプロジェクトチームが、島田xアラキのチームについた。

このキャラクターはWilson Tangの手によるもの。WEBのエンジンはエジンバラ大学の工学博士サム・ジョセフ。WEBデザインはユナイテッドデザインの下桐くん。

このキャラクターは現実と虚構の間に住むリアリティーというキャラクター。映画は現実と虚構のインタフェース。そこにWEBを加えた構想がマックスコアルームのアイディアだった。

「場所にはストーリーがある。(The Place has a story)」はこのキャラの作者ウイルソンが提案した言葉。

画像は、"Reelity-faith"と"Reelity-dream"。 

     

>>>More
[PR]
by toshiya_kubo | 2008-12-05 03:39 | art

LIKE A BLADE RUNNER

f0196962_3552165.jpg


空を遮る風景

映画「ブレード・ランナー」は僕のお気に入りのSF映画だ。NYのタイムズ・スクエアは正にその世界を想像させる建物やエネルギーやテクノロジー、欲望を感じさせる。NYCはまたの名を「The Big Apple」というらしい。何故その名前が付いたのかはいろいろな説があるらしいが、僕はリンゴは欲望の象徴を意味していて、ここには様々な欲望が渦を巻く街。一旗揚げようと世界中から集まってくるそんな人々の夢や欲望の街。そんなコトを連想する。

大地に生えた欲望が空にどんどん伸びていく。その隙間からちょっとだけ灰色の空が見え隠れしている。ビルには消費を促す看板が張り付き、新たな欲望をかき立てる。美しい女性や、躍動感ある男性、美的なデザイン、動画のアテンション。光と造形で目を引く。自然界では見たことのない風景がここにある。さて、この風景は後何年もつのでしょうか?想像してみましょう。

[PR]
by toshiya_kubo | 2008-10-26 03:59 | city

Mr. President "Charles Logan" on FOX's "24"

f0196962_2524369.jpgアメリカ合衆国大統領

彼の名は"Gregory Itzin"(グレゴリー・イッツェン)。米国TVドラマシリーズ「24」シーズン5で登場しているチャールズ・ローガン大統領です。この写真は、大統領と一緒に記念撮影したもの。場所は、ホワイトハウスならぬ、カリフォルニア・インデペンデント・フィルム・フェスティバルでご一緒しました。写真の通り仕草はまさに大統領。表情も何となく大統領。

More>>>つづきはこちら
[PR]
by toshiya_kubo | 2008-10-21 02:50 | people

THEATER BAR

f0196962_1533924.jpgシアター・バー

この写真は、'02年に撮ったモノだと思う。どこで撮ったか?ミニシアターの看板だったか?しかし、今でもこのイメージだけは記憶に残っていた。ショートフィルムシアターや、シアターバーの構想はこの一枚の写真から来ている。データを整理していて見つけた画像だが、これこれ!と思いブログにアップした。実際この場所はあるのか?合成なのか?しかしイメージの持つ力はものすごく、ここに行って見たい。こういうのを作りたい。そう僕に思わせた写真なのだ。実際にはこの灯りでは映画が見にくい気もするが、ペアシートと二人が使えるちょっとしたテーブル。これだけあれば映画を楽しく見れそうだ。映画館での新しい楽しみ方として是非、閉鎖しそうな映画館で、もう一度夢を見させてほしい。
[PR]
by toshiya_kubo | 2008-10-11 15:42 | idea

MARY STUART MASTERSON

f0196962_381345.jpg

メアリー・スチュアート・マスターソン 

California Independent Film Festival(CIFF)2008のゲストできていたハリウッドの女優、メアリー・スチュアート・マスターソン。 彼女は女優でもあるが、同時に監督でもある。CIFFでもインデペンデント映画監督として新作映画「The Cake Eaters」の上映があった。

これは、とてもさわやかでいい映画だった。非常に良い映画だった。日本ではきっと公開されないのだろう。こういう映画がもっと日本で公開されると良いのになと思う。ショートのフェスティバルの行く末には、それぞれの監督がインディペンデントで将来このようなすばらしい長編を作る監督も出てくるだろうなと思えるところもある。

メアリー・スチュアート・マスターソンの「The Cake Eaters」は、ホントに言い映画だった。
彼女は、ショーン・ペンやジョニー・デップなどそうそうたる俳優と競演している。その才能は女優にとどまらず監督やプロデューサーとしての能力も計り知れない。この映画は後で気づくと、原題の設定かどうかあまり気にしなかったが、一切携帯電話が出てこないし、コンピューターも出てこない。不通のアメリカの田舎町を表現しているのか。素朴で普遍的な設定だった。非常にさわやか無い映画だった。
http://www.imdb.com/title/tt0418586/

[PR]
by toshiya_kubo | 2008-04-19 19:00 | people

JURY MEMBER of FILMFESTIVAL

f0196962_122591.jpg

映画祭と審査員

カリフォルニア・インデペンデント・フィルム・フェスティバルのジュリーメンバー(審査員)に選ばれ、過去2年、審査を行ってきた。この映画祭は我々実行委員会が主催するSAPPOROショートフェスト(札幌国際短編映画祭)のシスターフィルムフェスティバルだ。

自分でも映画祭を主催していて、関係する映画祭の審査員を行えることは非常に光栄と共に、とても重要な役割をと感じる。SSFも、過去3年間で、毎回映画祭関係者に審査員になっていただいてる。1年目は、CIFFの代表Drek Zemrak(デレク・ゼムラック)クレルモンフェラン国際短編映画祭Roger Gonin(ロジェ・ゴナン)、2年目はサンダンス国際映画祭のディレクター、SHANE SMITH(シェーン・スミス)韓国の釜山国際映画祭からKim Dong-ho(キム・ドンホ)。3年目はシュツットガルトの
Internationales Trickfilm-Festival
のディレクター他多くの映画祭を手がけるUlrich Wegenast(ウルリヒ・ヴェーゲンアスト)。互いの映画祭との情報交換や関係 を築いていくための外交のようなコトも役割としてはある。

すでに、フランス、アメリカ、カナダ、韓国、ドイツ、と5カ国の国際映画祭との関係が出来てきている。この写真は、CIFFの審査員紹介が載っているが、他の審査員も凄い人たちだ。追って紹介していくが、このような仲間に入れてくれたCIFFのデレクを始め皆さんに感謝。ますます、映画で世界と繋がって行けたらと夢はふくらんでいる。

[PR]
by toshiya_kubo | 2008-04-16 00:00 | BUSINESS