INSPIRATION Lab.

タグ:札幌 ( 20 ) タグの人気記事

NEW YEAR 2011

f0196962_17483988.jpg

2011新年 
札幌では穏やかなお正月だった。年末の12/28に祖母が他界したので、突然の喪中となった。優しいおばあちゃんだった。明治41年(1908年)生まれの102歳だった。
吉祥寺の教会でお通夜を行った。偶然東京出張だったため参列できたのは幸いだった。穏やかな顔で安らかに眠っていた。苦しまず大往生だったと思う。98年に撮ったおばあちゃんの写真と全然変わってなかった。おばあちゃん、いつまでもそばでみんなを見守っていてくださいね!
http://kubokubo.exblog.jp/m2001-01-01/

2011年は、皆さんにとってもすばらしい年でありますように!
お祈りしております。

おみくじは「末吉」でした。

[PR]
by toshiya_kubo | 2011-01-03 17:54 | diary

COFFEE HOUSE "MILK"

f0196962_0435029.jpg

30年変わらないコーヒーハウス「ミルク」 

かれこれ20年以上はたつのではないか?この喫茶店に通ったのはまだ20代後半の頃。たぶん初めて来たのは28歳の頃ではないかと思う。ということは25年前か?この喫茶店は、かの「中島みゆき」や札幌のバンド「GO-BANG'S(ゴーバンズ)」をはじめ様々なインディペンデントのミュージシャンを育ててきたスタジオがある。古いアパートを使ったもので、冬などは部屋の鍵とストーブをつけるためのマッチをくれる。ここがなんと言ってもすごいのは、時間が止まったようにほとんど何も変わらず存在しているところだ。店には昔から猫がいて、今日も(2代目に代わったという)猫が玄関で迎えてくれた。私はこの日、ある日のことを思い出しながら、そのときと同じ「ミルクティー」を頼んだ。札幌で初めて味わったミルクティーは、紅茶の葉をミルクで煮るタイプのもので非常においしい。もちろんあの時と同じ味と香りのミルクティーは僕をあの時代にタイムスリップさせたことは間違いない。 甘くもほろいにがい。そんな思い出がよみがえる。尚、この店、35年以上続いているそうだ。
 


More>>>Photos
[PR]
by toshiya_kubo | 2010-03-22 01:17 | SHOP

TORU YOSHIKAWA

f0196962_08368.jpg
吉川徹 

2001年にICCで行ったtomatoのワークショップからのつきあい。彼には様々な事をtomatoと共に教わった。フリーランスとしての実力はアンダーワールドのジャケットや、tomatoのジョンとの共同作業、アートジャムなど一流のものばかり。考え方から一連の作業の流れなどもプロフェッショナルなのだ。札幌市の都市ブランドとして2006年に宣言した「ideas city sapporo」「札幌市立大学」のVIはtomatoのジョンと共に彼の構成は大きい。東京ー札幌ー世界を股にかけるクリエイティブのキーマンである。ICCのコラム「今日も七転八倒」を現在執筆中。

More
[PR]
by toshiya_kubo | 2010-01-17 16:06 | people

WINTER SKY

f0196962_140218.jpg

冬の空

昨晩の大雪の後、今日は晴れ間も見え太陽に照らされた真っ白の街は清涼感があって幸せな気持ちにさせてくれる。写真は札幌の旭山の近くの宮越屋珈琲店「high grown cafe」からの風景。ここからの眺めは札幌らしさをいつも感じる。空と街が視野全体に広がる。このぐらいワイドに街を見渡せると自分の位置もわかるし、遠くを見据えた考えもわいてくる。スランプの時などもこの風景は結構使える。時々ここで企画書等も書いたりする。風景代も入ってか、多少お高めの珈琲は1200円から。しかし、すてきなJAZZが静かに流れ客もそれほど多いわけでもない日中はなかなかの隠れスポットかも。

More
[PR]
by toshiya_kubo | 2010-01-17 15:58 | nature

NEW YEAR 2010

f0196962_121321.jpg新しい年 2010 

天気予報では、大荒れの元旦といわれていましたが、 札幌では午後あたりから晴れ間も出て初詣も良い感じ。 何となく、不景気で気持ちも暗くなりがちだったけれど、 今年は「希望」という二文字を胸にがんばりたいと思いました。

今日、初詣に行きながら、みんな仲良く幸せな一年で居られるようにと心から願っていた。今年のおみくじは「中吉」。少しずつ上向きかな。

写真は北海道神宮の末社である「開拓神社」。ここには「間宮林蔵」などの北海道開拓の功労者が数多く祀られているそうだ。北海道神宮の賑やかさとはは全く違った森の中の神社といった感じ。むしろ厳かですらある。

[PR]
by toshiya_kubo | 2010-01-01 16:20 | diary

MERRY Christmas

クリスマス 

 この写真は実は2008年のものです。みんなハッピーになる事を祈って。来年はもっと光れるといいなぁ。
f0196962_14143760.jpg

[PR]
by toshiya_kubo | 2009-12-26 14:15 | diary

CHRISTMAS COMES SOON

f0196962_2342232.jpg

もうすぐクリスマス 

この季節、午後4時半にもなると、日が落ちてくる。空は青くなり、街のオレンジ色の光と混ざってとてもきれいだ。 札幌では数少ない歴史のある場所。サッポロビール工場の跡地を再開発した「サッポロファクトリー」ここにはアトリウムがあり冬でも暖かく広々とした空間を楽しめる場所だ。

More>>>Photos
[PR]
by toshiya_kubo | 2009-11-24 23:51 | diary

NIHON BUYO(JAPANESE DANCE)

日本の踊り 

嘉門 衛信。日本舞踊家花柳徳兵衛の内弟子。大衆に語りかける舞踊を信念に日本の踊りを多くに人たちに広めています。衛信先生にはいろいろのことを教わっています。特に「芸術の大衆化」ということについてです。 表現であるからには多くの人に見てもらわなければならないという考え方は大変共感できるものです。大衆に迎合するのではなく、大衆の心をきちんと捕まえていくその姿勢には本当に頭が下がります。先生の踊りの会には大勢の人が詰めかけ皆楽しかったと笑顔で帰るのです。日本舞踊を閉じた世界にしたくないと、洋舞やロックのアーティストなどともコラボレーションします。日本のみならず世界各国で、公演を行い、日本という文化芸術を広めています。生身の人間が繰り広げるパフォーマンス。体温の感じる芸術だとつくづく思います。
f0196962_1581534.jpg


More>>>
[PR]
by toshiya_kubo | 2009-11-15 02:18 | art

SAMUI& MOON

f0196962_1531232.jpg

寒さと月 

 気温はほぼ0度。いつもの行きつけのバーをでるとこのような風景。この日は特に時がきれいだった。透明感のある空気はただでさえ寒いのだ。しかも昨日まで東京にいてやはり15度くらいの差はあるのではないか。体がなかなか冬モードにならない。たぶん、マイナスになってしまった方が体も覚悟が決まり寒くなくなるのかもしれない。もうすぐこの辺も真っ白になるのだ。年末のことも考えなくてはならない時期だ。寒さと月のせいで不安なきもちになる。透き通る月を見ていると、月明かりで照らされた心の陰が見えてしまうのだ。怖い。
[PR]
by toshiya_kubo | 2009-11-04 02:06 | diary

AUTUMN COLOR

f0196962_1464770.jpg

秋の色 

札幌の秋の色。青い空と銀杏の黄色い葉が見事なコントラストだ。そこに赤い色や茶色や緑が混ざる。色鮮やかな自然の風景に思わず見とれてします。この写真は近所の公園を散歩して撮った。身近にもこのような自然と穏やかな風景がある。札幌って良い街だなぁ。

More>>>photos
[PR]
by toshiya_kubo | 2009-10-25 14:50 | nature