INSPIRATION Lab.

EVEREST & KURIKI

エベレスト単独無酸素の挑戦 
f0196962_2013731.jpg

 栗城史多(クリキノブカズ)26歳。今まで6大陸の最高峰をすべて単独無酸素で登頂してきた。7大陸目はエベレスト。昨年は8000m級のチョーユーとマナスルを単独無酸素登頂を成功させた。体も小さく、筋力もそれほど強くないと彼はいう。登山の専門家は彼の経験では無理と言い続けてきた。しかし、8000m級の山を2回登頂した事は大きい。

彼は挑戦は、登頂する事だけにとどまらない。今回のエベレストの登頂のプロセスをインターネットでLIVE中継を世界でも初めて行おうというのだ。昨日、今日と札幌の有志で彼に協力する仲間が市内のセミナーハウスで合宿。これからまだまだ資金集めや情報の整理など彼をサポートしなければならない事が山積みだ。まさに、山に登る前に山がある。

彼の「山と対話する」登山方法。ピュアでイノセントなソロアルピニストは、日本人としての精神を感じる。時に武士に、時に僧侶にも思える。彼は山を登るとき何を感じるのかを訪ねた。彼は「光ですね」と答えた。さらに「月明かりにも温度を感じるんですよね」と。ソロだから感じられる繊細な感覚。これはまさにアートの領域でもあるのか? とにかく成功を祈りながら、協力を続けていこう。




これがエベレストの頂上のコースだ!
f0196962_20135861.jpg

[PR]
by toshiya_kubo | 2009-01-18 20:15 | people