INSPIRATION Lab.

ICC CREATIVE CONNECTION 2009

f0196962_2256428.jpg

【リポート】 ICCクリエイティブコネクション2009 
 2009年3月16日、17日の二日間、東京の有楽町と溜池山王で行った。ICCとしては、クリエーターによるプレゼンテーションを東京で行ったのは初めての試み。2008年の4月に、ICCアワードを受賞した二組のクリエーター(有限会社ヴァズとジェニー・メイクアップ・オフィス)が新たなビジネスチャンスへの果敢なチャレンジを行った。果たして東京の企業の反応は如何に!?





ICCプレゼンテーション
f0196962_22564986.jpg16日(月)は有楽町にある札幌市東京事務所で17:30から約20名ほどの顧客を前に、まず初めて知るICC(インタークロス・クリエイティブ・センター)についてチーフコーチネーターの久保俊哉から説明。コンテンツビジネスを中心に札幌が新たな産業クラスターを作ろうとしている事などを説明。その立役者となる二組のクリエーターを紹介し、各々のプレゼンテーションが始まった。


ジェニーメイクアップオフィス
f0196962_22582413.jpg彼女たち(佐野美樹、米田理奈)のプレゼンテーションは、2006年から札幌で行っている「メイクアップアワード」というイベントのプレゼンテーション。

f0196962_22591587.jpg特殊メイクやメイクアップアートと行った分野を広くアピールする事が目的のこのイベントは、化粧メーカーやファッション関係にとどまらず、映像、写真などの分野空の関心も高い。また、イベント自体が華やかで集客目的にも利用が可能。また、メイクアップアーティストを目指す学生には魅力的なもので、専門学校などとのタイアップも提案していた。


有限会社ヴァズ
f0196962_2375837.jpg有限会社ヴァズ(比嘉秀郎、山田マサル)は今回「ドコイル」とうバス位置情報システムについてプレゼンを行った。


f0196962_239332.jpgIT企業が多かった成果、この「ドコイル」のアイディアには皆、興味を持ってくれたようだ。その他気のおもちゃの「つっくん」や「ポール矢田」などのプレゼンにも笑顔がこぼれ彼らのユニークなアイディアに感心していた。


f0196962_232455.jpg顧客は様々な視点で今回のプレゼンテーションをとらえ、直接の関係でない企業の方でも、その後のビジネスの可能性やアイディア、提案など活発に意見交換が行われ、翌日行われるプレゼンテーションパーティーにも関心を持ていただけた。

3月17日 溜池山王「Cafe&Dining SCENE」 19:00~22:30
f0196962_23141599.jpg翌日は会場も代わりこちらでは食事や飲み物を用意したプライベートコンベンション的な商談会を行った。ある程度見込みの顧客との商談となるのできわめて真剣。後一歩のビジネス交渉の場となる。

ここでも、ICCを初めての方用に、この施設の目的や設立からの経緯。そしてここでのビジネスの根幹は知的財産権(IP)を扱う著作権ビジネスであると説明。観客には、二組のクリエーターが招待した顧客の他、メディアや企業などもきていただいてた。



ジェニー・メイクアップ・オフィス
f0196962_23162188.jpgこの場にはいい雰囲気。彼女等が教えていた専門学校の卒業生もこの会場に応援に駆けつけてきていた。



f0196962_2318772.jpgプレゼンテーションは、アドバイザーの竹内さんからの毎回のだめ出しを忠実に聞き入れ、その度に進化してきている。ここでのプレゼンテーションもメイクアップアワードのスポンサーにあるような企業もきており、札幌でのイベントでも高いクオリティーを出している事をアピールできた。



f0196962_23191045.jpg会場にの観客も和やかな雰囲気の中にも、真剣な表情。さすがに東京で行うプレゼンテーションは聞く方の姿勢も緊張感にあふれていた。

f0196962_23195532.jpgプレゼン後は、食事や飲み物も振る舞われ、一転して和やかなコミュニケーションが活発に行われた。前日もきてくれた企業も二日連続の参加。関心度がうかがえる。


f0196962_23202616.jpg一対一の商談も進み、今後のビジネスへとつなげている。こういう場は、このようなコンテンツビジネスにはとても重要だと感じた。



f0196962_2320469.jpg映画のプロデューサーも今回のプレゼンテーションには関心を示していた。お目当てはメイクアップ関連と思われたが、このようにインタークロスしているが故に、思わず、木のおもちゃを手に取って有限会社ヴァズの比嘉さんの説明を受けている。



f0196962_2321617.jpgICCアドバイザーのマイケル・アリアス監督も多忙の中、このICCクリエイティブコネクションに駆けつけてくれた。彼らを審査し成長を見守り、このようなプレゼンテーションにも駆けつけてくれる、最強のアドバイザーだ!

ジェニーのメイクアップアワードの写真を食い入るように見ている。はやり映画関係者には人気があるようだ。



f0196962_23211698.jpgICCには、まだまだ協力なコンテンツクリエーターが居る。今年7サミット(7大陸の最高峰)を無酸素単独登頂にチャレンジする「栗城史多」だ。ことしその最後の挑戦となるエベレストに登頂予定だという。今回飛び入りで、先日放映されたテレビ番組から彼の活動を紹介。あまりに過酷なチャレンジに見ている物たちは行きをのんでスクリーンを見つめていた。彼のチャレンジは生死をかけたもの。それだけに皆の目にもうっすらと光る物が見えた。栗城くんのチャレンジこそ、人に勇気と希望を与えるコンテンツ。ICCでは、コンテンツをこのように解釈している。



f0196962_23212582.jpg多くのクリエーターから信頼を得ている竹内宏彰プロデューサーと前人未到のチャレンジを行おうとはとても見えない栗城史多くん。



ICCアドバイザー
f0196962_23545432.jpg左から、竹内宏彰プロデューサー、マイケル・アリアス監督、久保俊哉の3ショット。なかなか珍しい。ICCが札幌を飛び出して、東京とのビジネスを行って行く機会は今後ますます増えるだろう。何よりも札幌が東京を求めていると同時に東京が札幌のクリエイティブを求めている。。今回のICCクリエイティブコネクションはそんな予感をさせる物だった。




[PR]
by toshiya_kubo | 2009-03-16 18:00 | diary